• admin@francesdoudounespascher.info




太陽光パネルの設置

太陽光パネルの設置

太陽光パネルの設置で最も問題視されるのが、施工後に水漏れ事故の起きるケースがある。屋上緑化の時も水漏れが大きな問題となったが異なる点は屋上緑化が屋根、あるいは勾配屋根にも陸屋根にもそのまま施行します。陸屋根は水を通さないことで雨を防いでいるが、後輩屋根は屋根材そのものと交配によって雨を防いでいる。屋根の下にはアスファルトルーフィングという防水シートが敷かれているが、これは防水施行や屋根材と合わせることで機能が発揮される。防水シート単体では十分に防水するとは言い切れず、勾配屋根の場合は屋根材が雨を防ぐ重要な役割を担っています。ソーラーパネルを設置するときの施工方法は防水という重要な役目を担うはずの屋根材を取り付けている。マグソーラーシステムという工法がある。これは、金属防水加工を施した屋根に着磁補強板を接着してそこにマグネットを取り付けたソーラーパネルを設置する方法です。屋根工事では屋根に穴をあけないので雨漏りの心配がなく軽いので屋根に対する重さもありません。