• admin@francesdoudounespascher.info




屋上緑化

屋上緑化とは、住宅の断熱性や外観の向上などを目的として植物を屋根や屋上において屋上を緑化することです。また、住宅の外の壁を緑化することを壁面緑化といいます。

屋上緑化をするのに屋根工事に必要な技術は、建築物の陸屋根と庭園の技術です。また、メンテナンスの効率や構造上の対策など、特別な対策も必要です。屋上緑化では、軽量土壌が使われている。屋上の土壌が水分を吸うとかなりの重さになります。軽量土壌は、針葉樹皮のリサイクル資材で作られた環境に優しい素材です。透水性、保水性、保温性に優れて植栽の根張りを向上させ、生育を促進させます。また、断熱効果が高く、大きな省エネ効果が得られる特徴があります。軽量土壌は重さとの関係から土の厚さが560センチほどしか取れません。その上に芝で緑化していくとなるとその厚さで水分の補給の天然の雨水だけでは足りなくなってしまう。排水はスカイプロムナードで対応できます。屋上緑化を楽しむとなると、保水にも気を使わなければならない。現在では、スカイプロムナードの需要が増えていっています。